日本百名山「八ヶ岳(阿弥陀岳)」(南陵より中央稜周回)

◎2015.7.22(Wed)天気:晴れ時々雨 気温:—

◎コース:07:25船山十字路-07:58南陵広河原取付-09:36立場岳山頂-10:13青ナギ-10:46無名峰-12:22 P3-12:52阿弥陀岳山頂14:04-14:06西の肩(岩場)-14:11西の肩-16:46中央稜取付-17:30南陵広河原取付-17:55船山十字路(行動時間:10時間30分)

◎標高差:約1180m

N坂氏、S澤氏、K及び私。
この4名で、夏にある計画を予定している。
今回は、その計画の予行練習、ということで、M浦氏を交えた5名で八ヶ岳へ向った。
目標は、阿弥陀岳。
コースは、南陵から中央稜を周回する人気のバリエーションルートだ。

現地、船山十字路到着は、07:10頃。
船山十字路

ぼちぼち準備して出発。

07:25船山十字路

船山十字路

南陵広河原取付までの距離は長い。
9197-4

ダラダラと続くが、皆、まだ元気だ。
ベチャクチャしゃべりながら、楽しく歩けた。

07:58南陵広河原取付

南陵広河原取付

テープを目印に林道を離れ、立場川へと向かった。

立場川を渡渉し…。
9197-6

山腹へと続くトレースを目で追うと、急傾斜が待ち受けていた。
9197-7

差し当たり、こいつで一気に標高を稼ぐことになる。
久々にガッツリ登ることになる私は、少々、スタミナに自信がない。
ストックを取り出し、斜面に取り付いた。

で、10分ほどで稜線に這い上がった。
9197-8

画像に写っているピークの立場岳が直近の目標だ。

流石!人気のバリエーションルートなだけに、トレースは明瞭。
9197-9

登山道?と見間違えんばかりに踏み固められていた。

なお、南斜面側に出てはいけないらしい。
9197-10

稜線沿いは、ずっとコード?で仕切られていた。
どうやら、キノコを採取されるのを嫌っているらしい。

09:36立場岳山頂

立場岳山頂

山頂は樹林に覆われ眺望なし。
一服入れた後、山頂へ向けて出発。

暫く進むと、権現岳と編笠山が顔を出した。
9197-12

青ナギ手前で、目標の阿弥陀岳を望んだ。
9197-13

これから、あのギザギザとした稜線に向うことになる。

10:13青ナギ

青ナギ

ダイナミックな光景が目に飛び込んできたが、これを渡るのは見た目ほどには怖くない。

青ナギを渡った後、再び急傾斜続く。

10:46無名峰

無名峰

無名峰に至り、いよいよ森林限界も近づいてきた。
次なる目標はP1となり、岩稜帯が続くことになる。
ここで、ヘルメット、他、登攀具を装着…。
なのですが、その前に、ランヤードの作成手順を皆に手ほどきした。

所要時間20分ほどか?
皆、レベルは様々で、とりあえず八の字から始めた。

…。

皆さん、ご自宅で復習お願いいたします…。

ランヤード作成の手ほどきの為”無名峰”に居座っていたが、暫くするとガスってきた。
9197-17

ヤマテンによると今日の八ヶ岳は、日中、稜線はガスがでる、と予報されていた。
更に、夕方は雨マークが付いていた。
ここに長居することに抵抗を感じ、ランヤードの作成もそこそこに前進することにした。

P1。
9197-18

P1より、P2方面。
9197-19

P2。
P2

ピークは左から巻き。

P2より、P3方面。
9197-21

雨?
稜線上では、風が強く寒かった。
更に、雨のようなものが下から巻き上がり、体を濡らしている。
正確には、雨ではない。
水分を多量に含んだガスは、気体でいることをギリギリ許されている状況で、霧雨というほどには体は濡れなかった。

ガス越しにP3を望めた。
9197-22

と思ったら、晴れた!
9197-23

晴れたら、下山路である中央稜も確認できた。
9197-24

麓まで伸びている、奥の稜線が中央稜になります。

これは、今まで歩いてきた稜線。
9197-25

画像中央辺りで、木が生えていないところが青ナギ。
その奥のマッタリとしたピークが立場岳になります。

P3が徐々に近づいてくる。
9197-26

なお、P3直登ルートは前掲画像の稜線についています。

まずは、P3基部へ向う。
9197-27

基部には、有名な分岐を示すプレートあり。
9197-28

我らは、”岩溝コース”へ向う。
9197-29

このトラバースルートは、岩溝へと次第に下降する。
9197-30

この下降路には、壁面にリングボルトが打たれ、ワイヤーが張られている。
ワイヤーは古いものではない。
このボルトは、墜落を止めるような為の支点ではない。
スリップを止める為の補助、と考えれば、このワイヤーの利用はかなり有効と思う。
利用の際は、持ち手はワイヤーと細いので、スリップ注意。
中間に支点が一つあるが、距離が長いので、ワイヤーにテンションがかかると谷側へ大きく膨らむ。
なので、一人ずつ通過のこと。

で、南陵の核心?クライマックス?とでも言うべき、ルンゼ取付きに到着。
9197-31

基本、前掲画像の濡れている場所を軸に登る。
9197-55

この湿りは、ヌメっている…。
その不快感さえ辛抱すれば、ステップやホールドに困ることはない。

ルンゼ内に進入。

高度感はこんな感じ。
9197-32

万一、ここでヘマした場合、ただでは済まないかも知れないが、”確実に死ぬな…”という場所ではない。

ルンゼ内、ということで、浮石多し。
9197-33

落石は当然ある!という、ご理解とご注意が要求されます。

みんな、元気だな!
9197-34

私は喘ぐようにして登っている…。
9197-35

12:22 P3

P3

P4方面。
9197-37

またガスってきたか…。

P4へ向けて岩壁をトラバース。
9197-38

ガスに巻かれ、P4がよく分からず登っていた。

ふと、振り返ったら、このピークがP4のようだった。
P4

P4と阿弥陀岳山頂は近い。

最後の仕上げは、この斜面。
9197-40

登り切れば、山頂に到着。

12:52阿弥陀岳山頂14:04

9197-41

相変わらずガスっており、視界は悪い。
山頂無人。

今回の山行は、夏の計画の予行演習、というテーマであった。
夏に計画している山行では、際どい壁面のトラバースがあり、そのトラバースが核心、とでも言うべきものだ。
山頂が無人であったことを幸いに、飯を食った後、N坂氏が背負ってきたロープを使って、フィックスロープの設置、通過、回収の手順を実演してみることにした。

実演してみると、知っておかないといけないロープワークが多数あることに気付いた。
ついでに、それらも実演し、皆に教えた。
更についでに、中央稜の降りは傾斜がきつく、そんな斜面を本降りの雨の中、降るハメになった場合に備えて、即席でムンターでの懸垂も教えた。

…。

えらい時間がかかった。
教えは教えたが、内容詰め込みすぎで、どれもこれも中途半端で終わった。
これでは、”ヘマしたら死ぬ”シチュエーションで使えないな…。

時間は14:00を回った。

早く降ろう。
9197-42

雨が怖い。

14:06西の肩(岩場)

9197-43

山頂から中央稜方面へ降ると、稜線上にハシゴがかかるような岩場があった。
ガスっていたので、よく分からなかったが、多分、ヘマすれば真っ逆さまポイント。

後、西の肩へ向けてトラバース気味に進む。
9197-44

14:11西の肩

西の肩

西の肩は、中央稜と美ノ戸方面へ降る道の分岐になっている。

我らは中央稜へ向う。
9197-46

ガスっている中の降りだったので、いい写真が一枚も撮れなかった。
傾斜はチョー!きつい!
スリップ注意!
トレースは明瞭ですが、岩稜の巻き道多し!
巻き道周辺はトレースが不明瞭になる?というか、踏み跡乱雑気味。
巻くべきところはちゃんと巻かないと、かなり危険です。

いい加減降ると、ガスの下に出ることができ、中央稜の末端も見えた。
9197-47

尾根は、登りより降りの方が読図が難しい。
そんなことで、トレースが明瞭な中、読図の練習をしながら降った。

下山時も風が強かった。
9197-48

前掲画像の如く、稜線上に湧きあがったガスは、途端に北へと吹きながされていた。

中央稜全般、トレースは明瞭。

バリルートなので、決まったコース等はないですが、この程度の目印はあった。
9197-49

タオルが通せんぼしています。
通せんぼしていますが、その先へ、しっかりとしたトレースが伸びています。

ちなみに、このタオルを無視して進むとこうなります。
9197-50

私は知りませんが、この崖にクライミングのルートでもあるのでしょうか?
そんな岩稜の巻き、尾根の乗り換えポイントが他、三・四カ所位ありました。

16:46中央稜取付

中央稜取付

いや~…。
癒されますな~…。
ハードな中央稜を降り切ると、癒し系の景色が広がっていた。

しかも、水がある!
9197-52

ソッコー!沢に駆け込みましたよ。
雪解け水か?水はチョー!冷たい!
そして、体が冷えるほどに水を浴びた!

…。

体が冷えると体が怠くなるんですよね~…。

さあ、帰ろう。
9197-54

足が重い…。
事実上、登山は終了し、残るは緩い傾斜を降るだけなのですが、ここから船山十字路まで帰る道程が最もきつかった。

17:30南陵広河原取付

写真撮り忘れ。

実は、いきなりカメラのピントが合わなくなった。
カメラは、買ったばかりのオリンパス「TG-4」。
まだ実戦投入、わずか二回目だ。
”タフが売り物のカメラのはずなのに、早、壊れたか…?”と、相当、焦ったが、気付かず内にマクロモードの設定になっていただけだった…。

17:55船山十字路

船山十字路

無事、帰還。

道具は使い方を知らないと意味がないと思う。
一般に、単純な道具ほど使い道が増えるが、その分、覚えることも増えてしまう。

例えば、カラビナ。
こいつは一見、単純なただのフックで、何かに引っかけて吊るす位しか能がない。
しかし、カラビナに”ロープ”という要素が加わわったりすると、一気に用途が広がる。

カラビナとロープ又は、カラビナとスリングという組み合わせで、どれだけの使い道があるのか?
私も偉そうなことは言えませんが、そんな知識の引出しみたいなものをいくつか持っていると、登山において安心に繋がると思います。

本日は、原村八ヶ岳温泉ふれあいセンター「もみの湯」にて入湯し、帰宅。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください