日本三百名山「金時山」(金時神社より乙女峠周回)

山行記録

◎2012.5.5(Sat)天気:晴れ 気温:20.4~24.9℃

◎コース: 07:01金時神社駐車場-08:04金時山山頂-08:51長尾山-09:02乙女峠-09:35乙女口バス停-09:44金時神社駐車場(行動時間:2時間43分)

◎標高差:約520m

金太郎由来の地、金時山。
御殿場周辺に居れば、大抵、どこからでも望める地域のランドマーク的存在。
特徴ある山容からすぐ見つけることができますが私の場合、高速道路の通りすがりで望むだけで登ったことがない。

今回は、連休中、最高の晴れ予報の5/5を狙い、我が息子をどこかの山へ連れて行こうと思い、高低差、行動距離の手頃感から金時山へと向う。

現地、金時神社無料駐車場到着は06:48。
金時神社無料駐車場

駐車場に到着すると、金時神社登山口手前まで車が駐車され、既にほぼ満車状態でパット見、この時間でラスト2台分。

時計の気温計で21.0℃。

ぼちぼち準備して出発。

07:01金時神社駐車場

DSCF4178.jpg

冒頭でも述べましたが、なにしろ朝からメチャ混みです。
老若男女で溢れかえっており、これほど賑やかな山は久々です。
そんなことで、これから山頂へと行動開始。

5/5子供の日ということで、金時神社では本日イベント開催中?
DSCF4180.jpg

なにやら鯉のぼりでデコレーションされています。

で、ようやっと登山道。
DSCF4181.jpg

登山道に入り、暫く歩くとあるのが・・・。

金時宿り石。
金時宿り石

標高を稼ぐと登山道上よりこんな景色も見える(箱根山)。
DSCF4185.jpg

矢倉沢峠分岐
DSCF4186.jpg

登山道はよく整備されており、なんの不安もありませんがこんな程度の箇所はある。
DSCF4190.jpg

08:04金時山山頂

金時山山頂

時計の気温計で20.4℃。

いや~。

期待を裏切らず絶景堪能!!
DSCF4191.jpg

眺望写真(愛鷹山)
DSCF4192.jpg

眺望は概ね西方面に開けており、丹沢方面はあいにく樹林が被る。
DSCF4196.jpg

今日の気温は20℃超と少々高めですが、風は北よりで汗が一気に引いていく。
山頂には小屋が2軒あり、ハイシーズン故か?両小屋とも営業中。
アイスまで売っている手厚さです。
なお、有料トイレも有り、小屋前のテーブルはストーブ使用禁止です。

一服入れた後、出発。

下山は乙女峠へと降っていきます。

出足は岩場が多少続き、手をつかされる場面もチラホラある。
DSCF4199.jpg

乙女峠へと続く縦走路は、途中コツコツをアップダウンを繰り返し、ちょっとしたプチ縦走路になっています。

フラット部分は正に真っ平。
DSCF4202.jpg

”登る”といってもこの位。
DSCF4201.jpg

マッタリした稜線をノンビリ歩く。

08:51長尾山

長尾山

”山”となっていますが、山頂はこの通りどフラットです。
この先、乙女峠への道は”プチバカ尾根”が続く。

*コースタイムで10分ほどですが・・・。

09:02乙女峠

乙女峠

乙女峠展望台より眺望。
DSCF4211.jpg

更に、乙女口バス停へと樹林の中を降る。

09:35乙女口バス停

乙女口バス停

ここで登山終了。

後は駐車場へと車道を歩く。
DSCF4217.jpg

登山道より車道の方が有る意味キケン!!
車の往来はヒンパンで、歩道が無く、後から車に引っ掛けられないよう要注意!!

09:44金時神社駐車場

金時神社登山口

無事、帰還。

時計の気温計で24.9℃。

今回歩いたこのコース。
登山初心者向けコースの代表選手的な山ですが、その名に恥じず、山の魅力的なものが凝縮されている、と感想を抱きました。
標高差は500mほどあり、初めて山に登る方には達成感が味わえる。
苦労のご褒美として眺望をいただける。
ちょっと足を延ばせば”プチ縦走”も味わえる。
欲を言えば、ルート途中に沢沿いコースが設けられていればという位です。
我が息子も難なくクリア。
夏は標高が低い故に暑いと思いますので、今時分がおススメ時期なんでしょうかね~。

本日は、御殿場「富士八景の湯」にて入湯し帰宅。

日本三百名山「金時山」(金時神社より乙女峠周回)」 に4件のコメント


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    金時山、いい山ですよね~。
    就職で神奈川に来て、
    一番最初に登ったのがこの山です。
    御殿場を挟んで正面に見える大きな富士山には感動しました。
    ごく稀に登山未経験の友人知人に、
    「どこか山に連れてけ」と言われることもあるのですが、
    そんな時は迷わずここに来ています。
    下山後の温泉、食事場所に事欠かないのも魅力的です。


  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やはり金時山からの眺望は最高ですね。
    短時間の登山で富士山が見れるとは・・・
    羨ましい限りです。
    またお邪魔したいお山ですね~


  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Aralagiさん>
    私はこの山初めて登ったのですが、連休中のこともあり、実に賑やかな山でした。
    ”登山未経験者”っていう雰囲気の方々や、子供、女子、後オヤジで溢れかえっていました。
    私も時より”登山未経験者”を山へ連れて行くことがあるのですが、標高差でいえば500m位で止めておいた方が無難で、1000m位登らせると膝がやられたり、ペースが遅くなったりと、なにかと支障がでてきます。
    これじゃ~、楽しくないと思いますし、そんな時に「金時山」はうってつけ!
    Aralagiさん言われるように下山後も山の楽しみの一つですからね~。


  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    行蔵さん>
    実は・・・。
    行蔵さんの以前の記事を拝見して行きたくなっちゃったんですよね~。
    息子を登らせるのに丁度よい。
    家の息子は私の蔵書「岳 みんなの山」を私以上に読み込んでいるので、金時山を舞台に気分は”島崎三歩”?。
    いや~。
    実に楽しんでいました・・・。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください