丹沢「雨山」(寄大橋より雨山峠、伊勢沢ノ頭東南尾根周回)

山行記録

◎2014.9.10(Wed) 天気:曇り後雨 気温:17~20℃

◎コース:07:31寄大橋-10:30雨山峠-11:11雨山山頂-11:39檜岳12:10-12:34伊勢沢ノ頭-14:11林道合流-14:34寄大橋(行動時間:7時間3分)

◎標高差:約730m

ある講習を受けることになった。
その講習の現場は、丹沢の寄周辺だ。

その現場の下見を兼ね、面白そうなコースがないか探していたところ、守屋次郎氏踏査の「西丹沢登山詳細図」掲載の「伊勢沢ノ頭東南尾根」が目についた。
この尾根は、登山道のルートが示されておらず、所謂、バリエーションルートだ。

今回は、この尾根を絡めて、雨山峠経由の周回コースを計画してみた。

現地、寄大橋到着は07:11。
寄大橋

時計の気温計で20℃。
ぼちぼち準備して出発。

07:31寄大橋

寄大橋

やどりぎ水源林の管理棟。
6488-4

管理棟前、掲示物。
6488-5

まずは、やどりぎ水源林の敷地を抜けていく。
6488-6

道々色々あり、それなりに”水源”に関する知識が自然と増える。
6488-7

これに捕まった…。
正味、一時間ほどか?ノンビリ見て回っていた。

まあ、いいか。
このところ、スケジュールに縛られた計画的?急ぐ登山が多かった。
今日は、急ぐ必要はない。
気ままに歩く。

と、のんびり歩いていましたが、やどりぎ水源林の敷地を抜け、ようやく登山開始。
6488-8

なお、これから進む道は、こういうことになっています…。
6488-9

【キオン】
キオン

先ほどの注意看板で、”沢沿いコース”とありましたが、雨山峠までの間、暫し”寄沢”沿いに進むことになる。
6488-11

いや~、やっぱ丹沢はこうじゃなきゃな~!
”水源”というだけに、この水の多さ。
水が多いのは、ここに限ってのことではない。
丹沢全般、どこでも多い。
丹沢、特に西丹沢は渓流沿いのルートが多く、私のお気に入りルートが集中する。
何度来ても飽きない。

更に進み、往く手を望みますと…。

本日は天気が悪い。
6488-12

上空に寒気が入り、地上との気温差により、本日は不安定な天候だそうだ。
特に、午後の降水確率が高くなっている。
この寄沢沿いのルートはコースタイムで二時間ほどだったか?
雨山峠まで、後、一時間半ほどかかる。
やどりぎ水源林でちょっとノンビリし過ぎたか?

差し当たり、このだだっ広い河原を対岸に渡らなければならない。
6488-13

これについては、前掲画像程度のマーキングはあり。

と、そんなことで、渡渉を数度繰り返す。
6488-14

再度、河原に出た。
6488-15

で、また渡渉。
6488-16

寄沢の堰堤も、既に二本は乗越したか?
6488-17

またまた、渡渉。
6488-18

で、ここに到着。
6488-19

寄沢が二又に分かれ、左側の沢奥に滝が見え、辺りに瀑音を轟かせている。
6488-20

興味を持ったので覗いてみた!
6488-21

ダイナミック!

左岸を望むと、高巻き用にトラロープが垂れていた。
6488-23

”そうか…、沢ノボラ-のルートか”。
私も技術と道具があれば、これを登ってみたい。

なんだかんだ、未だ休憩をとっていなかった。

丁度よいので、ここで一服入れることにする。
6488-24

”涼しい!”
登山口で確認した気温は20℃しかなかった。
先週登った礼文岳と、大して変わらんな…。
いつの間にか、こっちもこんなに涼しくなってしまった。

ぼちぼちルート復帰。
6488-25

さて、ルート復帰なんですが…。
概ねの方向は分かるものの、その取付きがなかなか発見できず、間誤付く。

ようやく見つけたが、こんな程度にしかマークはなかった。
6488-26

見る方向によっては、樹林・ヤブに隠れ、分かりずらいです。

この後は、沢を大きく巻くような感じで、鹿避けフェンス際を進む。
6488-27

うつぎ。
6488-28

この枝が…。
登山道を浸食しており、ザックに縛り付けているストックに纏わりつく。

今度は、頭上注意です…。
6488-29

暫し、中腰で進む。
6488-30

沢を跨ぎ…。
6488-31

後、中腰…。
6488-32

再度、沢を跨ぐ。
6488-33

だいぶ標高を稼いだか?沢は細流となり、徐々に傾斜はきつくなる。
6488-34

現在、こんな道を進んでいます。
6488-35

ルートは一部トラバースがある。
6488-36

トラバース道はプチ崩壊気味。
6488-37

”整備という文字が似合わん道だな…”と思っていた矢先、こんなテーブルがあったりする。
6488-38

”コシバ沢”との分岐に出た。
6488-39

道標に従い、雨山峠へと進む。
6488-40

再度トラバース帯。
6488-41

ここのトラバースも、部分的にプチ崩壊。
6488-42

ここもプチ崩壊。
6488-43

【シラヤマギク】
シラヤマギク

ようやく雨山峠まで、あと0.6kmに迫った。
6488-46

一部、沢スジを進む。
6488-47

沢スジを離れる…?
6488-48

上方は空が広く、早、雨山峠到着か?

と、思ったら、続きは崩壊地のトラバース。
6488-49

古では、この崩壊地を渡るのに、鎖が張られていたようですが、現在は抜けている。
6488-50

こんなトラバースで緊張したかと思えば、その先には癒し空間あり。

ここに至って、こんな癒し空間が待ち受けているとは思いもよらなかった。
6488-51

更に、ここに至っても、未だ沢の流れは途切れていない。
6488-52

雨山峠まで、あと0.3kmに迫った!
6488-53

これまでご紹介したように、このコースは沢スジルートが続き、その雰囲気は差し詰め”プチ沢登り”といったものだった。

そのプチ沢登りの雰囲気は、雨山峠まで残り0.3kmからその本領を発揮する。
6488-54

こんな感じの、暗い沢スジを進む。
6488-55

前掲画像で二俣に分かれているが、左に進む。
6488-56

ちなみに右は、こんな感じで道標あり。
6488-57

更に沢を詰める…。
6488-58

ん?雨山峠?
6488-59

どう考えても、ここは”峠”ではない。

沢スジ上方を見ると、テープが続いているので、これを追う。
6488-60

ようやく沢の流れは止まり、”源頭”といった雰囲気になった。

この沢スジのゴール。
6488-61

前掲画像の傾斜が急な階段を登りつめた。
6488-62

ようやく、峠に到着。

10:30雨山峠

雨山峠

【オオマムシグサ】
オオマムシグサ

”もう10時半か…”
寄道したとはいえ、ここに至るのに3時間もかかってしまった…。

一服入れた後、前進。
6488-64

と…、路上にこんなものが…。
6488-67

サイズは大型犬位か?
ずいぶん立派だ…。
こんな山中で、こんな糞をひねり出せるヤツといえば…。

考えるのはやめよう。

【マスタケ?】
マスタケ

こいつは丹沢の山の中でよく見かける。
食えないこともないらしいが、食用は推奨されていないらしい。

【ナスコンイッポンシメジ】
ナスコンイッポンシメジ

こいつの中毒は不明。
食用に採る人もいるらしいが…?

さて。

ルートはようやく「檜岳山稜」のプチ縦走路に突入した。
6488-70

前掲画像のような痩せ尾根もある。
今はなんてことないが、雪が付いたらイヤなところ。

基本は、こんな感じでマッタリしている。
6488-71

しかし、見事にモヤってんな~。
6488-73

今は11:00頃。
雨を予感しているのか?虫は一匹も飛んでいない。
聞こえるのは、鳥の囀りと自分の足音のみ。
それとも…。
なんか出てくるのか?

【マツカゼソウ】
マツカゼソウ

【トリカブト】
トリカブト

11:11雨山山頂

丹沢「雨山」

時計の気温計で17℃。

本日の目標のピークではあるが、この先、名前付きのピークが二つある。
こんなに時間がかかるとは思わず、今日は昼飯の準備はない。

ルートを消化するべく、間髪入れずに前進。
6488-76

すると…。

鹿の寝床?
6488-77

”え~、だって登山道脇だぜ!”
舐めた鹿だ。
こんな人気のある場所で寝てるのか。

しかし、その後いっぱい出てきた。
6488-78

思い起こせば…。
天気の影響もあるとは思うが、今日は登山口に着いてから、人間を一人も見ていない。
人口密度ならぬ鹿密度は、人間より圧倒的に高いであろう。
この辺りは、小屋がない。
避難小屋すらない。
この辺りが人影疎らなのは、これも影響しているか?
既に、この時間でこの場所だ。
山中では、今日は誰とも会わない予感。

人気は無い。
6488-79

これじゃあ、鹿も安心してどこでも寝るであろう。
熊も安心して登山道上に糞をひねり出すであろう。
鹿の気配は、鳴き声は耳に入るものの、その姿は見ていない。
未だ、虫すら出てこない。

【ホソエノアザミ】
ホソエノアザミ

このアザミは登山道沿いにいっぱい生えていた。
チクチク痛いです…。

檜岳との鞍部を通過した様子で、登り返しが始まった。
6488-81

痩せ尾根。
6488-82

11:39檜岳12:10

檜岳山頂

腹減った…。

ここで細やかな昼飯を食うことにする。
6488-84

ここは、やっぱり檜が生えているから、この山名なんだろうな~。
6488-85

ここで飯を食っていると、どうもハエがうるさい。
”?”
虫が出てきたか。
そういえば、心なしか陽射しの熱を感じるようになった。

ハエが私の頭にたかる。

その鬱陶しさに負けた私は、前進再開。
6488-86

ブナ林。
6488-87

草地。
6488-88

雨山~檜岳間の傾斜はキツクはなかったが、檜岳~伊勢沢ノ頭間は更に起伏が乏しい。

12:34伊勢沢ノ頭

伊勢沢ノ頭

画像の如く、陽射しがチラホラでるようになった。
それに合わせて、ハエだの蜂だの元気になってきた。
ハエは、久々の獲物と思ったか?私の周りをブンブン飛んで離れない。

さて。
ようやく”登る”作業から解放された。

さっそく降る。
6488-130

【ダイコンソウ】
ダイコンソウ

で、分岐に到着。
6488-90

ここのポイントは、”秦野峠”のルートしか地図に記載はない。
直進するのが、”伊勢沢ノ頭東南尾根”を降るバリエーションルートの入口なのですが…。
”これ、登山道?”と思わんばかりに踏み跡は濃い。
むしろ、東南尾根方面へ進む方が直線的で自然に感じる。
仮に道標が立っていなければ、間違いなく、直進してしまうであろう。

さっそく前進。
6488-91

未だ、踏み跡は濃い。
プラス、テープの間隔は狭く、そのテープに誘導されつつ進む。

濃すぎるな~。
6488-92

登山道の如く、相当数の人間が行き来しないと、こうはならない。

暫く進むと、こうなる…。
6488-93

今まで歩いてきた登山道よりも、はるかに人気臭い。
新たに、登山道を開削しているのか?

”土木作業”と言ってよいほどに、整備されている。
6488-94

…。
”この道を追うか…”
尾根を外れないよう、地形を気にしつつ、素直にこの道を追うことにした。
なぜなら、楽だから…。

降りつつ、”この道は何なんだろう…?”と考えていた。
結果、理解した。
水源管理用の道だ。
杉に巻かれたテープに、”枝打ち”とか書いてある。
枝打ち、間引き等、伐採中ということか。

そんな道をグングン降っておりましたが…。

ここで迷う。
6488-95

この作業道は、どうも、こんな感じで伸びている。
6488-96

それに気づいた私は、尾根の乗り換えを迫られた。

つまり、これをトラバース…。
6488-97

見た目では、なんの抵抗もなく進めそうに感じる方もいるかも知れませんが、土は踏み固められておらずフッカフカ。
雪よりマシだが、登山靴の潜り込みは新雪と変わらない。
こんな日に限ってチェーンスパイク忘れた…。
グローブを手にはめ、前進。

で、渡ってみたら、こっちも作業中。
6488-98

こっちの作業道は古い。
6488-99

かつ、山中のあちこちを作業する為、作業道はチョロチョロ枝分かれしており、ある意味コース取りが難しい。
”作業道なんか、無いもんと思え!”っていっても、こっちは人間ですから…。
どうしても、人工物には目がいきます。
また、この尾根を登りで使う場合、作業道の枝分かれは迷路状態となる可能性があります。

さて、東南尾根に復帰。
6488-100

こっちはこっちで、立派な作業道が続く。

階段まである。
6488-101

次は、ここでちょっと間誤付いた。
6488-102

②のトレースが明瞭。
6488-103

しかし、②のトレースは③方面へ進むような気がしてしまった。
そんな気になってしまうほどに、作業道は大きく左に曲がっている。

結果、①が正解かと…。
6488-104

①の尾根を偵察してみた。

この尾根は傾斜がきつ過ぎる。
6488-105

結果、間違いと判断。
②の尾根を進むべく戻る。
ここは、ちょっと地形が複雑でしたので…、間違いはご愛嬌ということで!

と、特大【二ホンヒキガエル】が目の前に…。
6488-106

まったく逃げる素振りがない。
踏まないように通過。

で、②の尾根に復帰。
6488-107

前掲画像の斜面を降ったところが、「西丹沢登山詳細図」で”コル”とされている鞍部。
6488-108

ちなみに、小ピークへ登るトレースはあったが、私は作業道を直進した。
6488-109

すると、この記念碑に出る。
6488-110

地図でいうと、この辺。
6488-111

さて、どうするか…。

ちなみち、「西丹沢登山詳細図」でいう、”伊勢沢ノ頭東南尾根”のルートとはこれだ。
6488-112

ここから、その尾根が見える。
6488-113

このままあの尾根に乗って降っていけば、難しいところは何もなく、”カーブミラー、取付き悪い”場所に出るだけで、結果は分かっている。

それに対し、今歩いている作業道を進んだ場合はどうなるか?知らない。
6488-114

そんなことで、この作業道を果てまで追うことにする。

とは言うものの、ちょっと進めば眼下に林道を望んだ。
6488-115

傾斜はちょっときついが、降りようと思えばいつでも林道に降りれる。

【タマゴタケ】
タマゴタケ

途上でこいつを発見。
初めて見た。

途上の起伏は緩かった。
6488-132

この作業道のゴールも見えた。
6488-116

この間、特に難しいところはない。

14:11林道合流

6488-117

取付きにはテープあり。
他、目印として”防火林”の看板あり。

残るは林道歩きのみ。
6488-118

結局、一日曇りか…。
6488-119

と思っていたら、雨が降り出した。

寄大橋。
6488-120

結局、人には会わなかった。

14:34寄大橋

6488-121

無事、帰還。
時計の気温計で20℃。

今回は、丹沢の魅力を再発見する山行となりました。
天気イマイチでも、この充実感がそれを証明している。
プチ沢登りは大満足だった。

実は、N島氏が丹沢に居る。
今回のコースを誘ったが、大倉尾根を歩きたいとのことで、今朝、大倉の登山口まで車で送った。
N島氏は、塔ノ岳をピストンする予定だ。
私の方がコースタイム的に早いかと思い、帰りのピックアップは約束しなかったが、タイミングが合えばピックアップして帰ろうと考えていた。
しかし…。
下山後にN島氏に連絡入れたら既に下山していた。
本来は、こんなに時間がかかるルートではありません。

本日は寄道せず帰宅。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください