日本三百名山「茶臼岳」(便ヶ島より聖岳、光岳周回)

山行記録

◎2014.8.17(Sun)~19(Tue)
天気:

  • 8/17:曇り後雨
  • 8/18:晴れ夜雨
  • 8/19:曇り時々雨(下界晴れ)

気温:12℃~29℃

◎コース:

  • 一日目:05:54便ヶ島-06:40西沢渡-09:08大木の広場-09:55苔平-11:27薊畑分岐-12:38小聖岳-13:58聖岳(前聖岳)山頂14:12-14:58小聖岳-15:44薊畑分岐-16:05聖平小屋分岐-16:09聖平小屋(行動時間:10時間15分)
  • ◎二日目:07:28聖平小屋-07:33聖平小屋分岐-08:35岩頭-09:44南岳-10:22上河内の肩-10:44上河内岳山頂-10:56上河内の肩-11:27奇岩竹内門-12:33畑薙分岐-12:45茶臼小屋(行動時間:5時間47分)
  • 三日目:04:51茶臼小屋-05:06畑薙分岐-05:26茶臼岳山頂-05:43仁田池-06:13希望峰-06:40鞍部-08:10易老岳-08:57三吉平-10:08イザルガ岳分岐-10:16県営光岳小屋-10:39光岳山頂-11:02県営光岳小屋-11:59三吉平-12:56易老岳-13:25 P2254-14:41平らな広場-15:21面平-16:44易老渡-17:02便ヶ島(行動時間:12時間11分)

*延べ行動時間:28時間13分
*赤字部分の山行記録を掲載しています。

◎標高差:約2120m

寒い…。
明らかに、昨夜より寒い。
昨夜はインナーダウンを着ていれば、シェラフに潜り込まなくても寝れたが、今回はそうはいかない。
いい加減に寝ていたら、寒くて目が覚めた。
シェラフを頭までズッポリ被る。
それでも寒い。
インナーダウンを着込んでいても肩が冷える。
結果、シェラフの口のドローコードを締め上げ、正にミノムシみたいになった。

湿り気が残るパンツを履いているのが気持ち悪く、パンツは脱ぎ、下半身は下着だけで寝ていた。
これもよくなかった。
しかし、今更履くのも面倒くさく、寒さを感じながらシェラフの中で丸まって寝続けた。

三日目

03:30頃起床。
03:00に目覚ましが鳴ったが起きれなかった。

パンツを履き、テントの外に出る。
星が満開になっている。
また、月明かりの中、「青薙山」の奥に富士山が浮かび上がっていた。
これをもって、”今日は天気がいいな!”と感触を掴んでいた。
しかし…。
その30分後には富士山は見えなくなった。

茶臼小屋は、谷スジの源頭のようなところに建っている。
相変わらず風は強い。
その強い風は、背後の稜線より茶臼小屋が建っている谷スジへと吹き降ろしていた。
いわゆる”山風”ってやつか?
谷スジへと吹き降ろしている風は、そのうちガスをまといだした。
小屋周辺は、たちまちガスで埋まった。

”昨日同様、陽が高くなればガスも晴れるだろう”と楽観しつつ、のんびりまったり飯を食い、コーヒーを飲み、道具を片す。

早い人は、04:00にはテント場を出発した。
まだガスっているが、そろそろ行きますか。

時計の気温計で12℃。
ぼちぼち準備して出発。

04:51茶臼小屋

茶臼小屋

え~…。
現在のガスっぷりは画像の通りです。
画像では、単に白く煙っているだけですが、この煙は飛ぶように流れている。

こんな中、早く出ても何も見えず、”晴れ命!”の私にしてみると不本意な登山となってしまいますが…。
昨日、コースタイムで4時間強の行程しか消化していないしわ寄せは、本日の行程に集約されることになった。
結果、本日、光岳まで足を伸ばすのであれば、延べコースタイムは約12時間に達することになる。
つまり、05:00出発で17:00下山。
これ以上、出発時間を遅らせることはできない。

まあ、どの道、昨日無理やり茶臼岳を登っていたとしても、既にガスっていた。
むしろ、”明日、晴れろ!”と思いつつ、茶臼岳に登らずに茶臼小屋へ直行した。
結果論的には、昨日登ろうが今日登ろうが茶臼岳はガスだった、ということだ。

昨日、ほとんど歩いていないことは、反面、いい休養になった。

お蔭で、足はよく上がる。
6170-3

05:06畑薙分岐

畑薙分岐

稜線に乗ると強風に晒され寒さが増す。
この寒さの原因は湿度か?
湿り気を帯びた風が体を濡らす。
朝、小屋を出るときは”インナーダウンを着たままにするか…”悩むほどだった。

まだ、陽が上がり切っていないこともあり、視界は極めて悪い。
6170-5

20mもない。

ん?山頂か?
6170-6

05:26茶臼岳山頂

茶臼岳山頂

時計の気温計で12℃。
相変わらず風が強く寒い。

早々に下山開始。

≫≫ 日本百名山「光岳」(便ヶ島より聖岳、光岳周回)に続く ≫≫
≪≪ 前日の山行記録に戻る ≪≪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください