日本三百名山「入笠山」(富士見パノラマスキー場よりピストン)

山行記録

◎2013.3.13(Wed) 天気:晴れ後曇り 気温:9.2~10.8℃

◎コース:08:42ゴンドラ山麓駅-08:59ゴンドラ山頂駅-09:18山彦荘-09:32マナスル山荘-10:03入笠山山頂-10:19首切り登山口-10:56山彦荘-11:40ゴンドラ山頂駅(行動時間:2時間58分)

◎標高差:約185m(徒歩)


*徒歩による行動距離:約4.9km

前置:カメラを忘れてしまい、掲載の画像は全てスマートフォンで撮影しています。写真モードを「HDR」に設定したら画像の保存状態が悪く、写真は端折り気味です。

当初の「入笠山」の山行予定は遡ること2月中旬。
当時はまだ寒く、まだ積雪の追加が期待できる時期でしたが、悪天に裏切られ予定を延期することにする。
その後も私の定休日は悪天に悩まされ、約1月経過しようやく入笠山を訪れることができた次第です。

そんなことで、念願叶ってようやく訪れることができた今回の山ですが、季節は既に春の陽気で、特に本日は神奈川県辺りだと最高気温が20℃と予報されている。

事前にヤマレコで山の様子をチェックしてみると、当然ながらパウダースノーの季節は既に過去のものとなっており、スノーシューは要らない。
”いっそのこと、ゴンドラ使わずに登るか!”と、現地へ向かう車中で考えていましたが、中央高速上の車窓より望む入笠山は中腹辺りまで白い。

そんなことで、無難に、当初の予定通りゴンドラを利用するべく、富士見パノラマリゾート到着は08:12。
富士見パノラマリゾート

今回同行は、N氏。

時計の気温計で9.4℃。

ぼちぼち準備して出発。

08:42ゴンドラ山麓駅

DSC_0025

まず、ゴンドラの乗車券を買う。
登山者用に特別料金が設定されており、ゴンドラ往復券で1600円。
なお、ゲレンデはソリ禁止で、例えばヒップソリを利用しての下山は不可です。

で、ゴンドラに乗車。
DSC_0026

こいつで、標高差約750mを稼ぐ。

08:59ゴンドラ山頂駅

ゴンドラ山頂駅

乗車時間、約10分ほどでゴンドラ山頂駅に到着。
雪は予想どおりガリガリのザラメでスノーシューは不要。
さっそく山頂へ向かうべく、入笠湿原へと向かう。

で、入笠湿原。
入笠湿原

画像中、既に、山彦荘が写っている。

09:18山彦荘

山彦荘

山彦荘の並びには立派なトイレ有り。
DSC_0041

中に入ってみると、多目的トイレのみ使用可能。
暖房機付きで暖かく、毎日掃除しているのか?キレイで立派なものでした。

さらに「マナスル山荘」へ向けて、この雪が積もった車道を進む。
DSC_0043

09:32マナスル山荘

マナスル山荘

ここは入笠山山頂へ向けての分岐。
DSC_0045

また、ここより先は山頂へむけ、傾斜がきつくなる。
とは言っても、傾斜はこの位。
DSC_0046

本日の天候は晴れてはいる。
しかし、最近はやりの黄砂か?花粉か?煙雲か?それともPM2.5か?画像の如く、遠方は春霞かのように煙り、眺望は利かない。
また、上空はかなり風が強い様子で、道中、常に頭上は風でざわめいている。
そんな中、暫く樹林の中なので風はほとんど当たらない。

で、斜面を詰めていくとこの道標にあたる。
DSC_0047

”山頂まで徒歩8分”とありますが、2・3分で到着です。

10:03入笠山山頂

入笠山山頂

時計の気温計で9.2℃。

山頂は”台風か?”と思わんばかりに強風が吹き荒れている。
当初は、山頂に着いたら”コーヒーでも…”と考えていましたがそれどころではない。

早々に下山開始。
DSC_0052

首切り登山口分岐
DSC_0053

登りは画像左手より素直に緩い稜線を伝って登ってきた。
下山はせっかくなので、首切り登山口方面へ降ってみるべく、ここを直進する。
こちら方面へ降る登山者は少なめの様子で、斜面の状態は登りで使った道と比べれば踏み固められてはいない。
結果、トレース上でも時折、膝位までの深さで踏み抜く。
しかし、スノーシューを欲するほどではない。

10:19首切り登山口

いくつか写真を撮りましたが、あいにく、全ての画像が心霊写真のようになってしまっていたので、画像は省略。

ここより山彦荘までは雪がなければ車道。
傾斜は緩く、絶好のお散歩コースです。

10:56山彦荘

山彦荘

再びここに戻ってきた。
強風から逃れ、人心地ついたこともあり、ここでコーヒータイムにすることにする。

小休止後、後は飯の心配。

ぼちぼち出発。
DSC_0059

11:40ゴンドラ山頂駅

ゴンドラ山頂駅

無事、帰還。

時計の気温計で10.8℃。

私は”スノーシュー”を使ったことがない。
当初の計画では”初!スノーシュ~”のハズだったのですが、計画倒れで終わってしまった。
オマケにカメラも忘れ、撮った写真の内、真面に残っていたのは1/4位だった。

来期、サラッサラのパウダースノーの時期に再訪したい!
そんな、感想を抱かせる山行となってしまいました…。

本日は道の駅「小淵沢」にて、甲州ワインを購入して帰宅。

コメントを残す