日本百名山「天城山」(天城高原ゴルフ場より万二郎岳・万三郎岳周回)

山行記録

◎2011.11.23(Wed) 天気:晴れ 気温:7.9℃~11.1℃

◎コース:07:40天城高原ゴルフ場駐車場-07:54四辻-08:33万二郎岳山頂-09:25万三郎岳山頂-10:27涸沢分岐点-11:30四辻-11:46天城高原ゴルフ場駐車場(行動時間:4時間6分)

◎標高差:361m

私の定休である水曜日は、今週は祭日。
久々に息子と共に山へ行くことにする。

向かう山は伊豆の名峰「天城山」。
この山は度々、歌や小説の舞台になっているのでこの山名をご存じの方も多いと思います。

横浜の自宅から箱根新道を抜け、更に伊豆スカイラインを抜け、その終点「天城高原」まで至るとすぐ先が登山口である「天城高原ゴルフ場」に到着。

現地到着は07:26。
天城高原ゴルフ場駐車場

時計の気温計で7.9℃。
ぼちぼち準備して出発。

07:40天城高原ゴルフ場駐車場

天城高原ゴルフ場登山口

この山は10年前に登ったことがあり、その際は天城峠側より「万三郎岳」へ至るピストン。
その道は標高差は大したことないのですが、何分距離がある。
今回は、息子連れということもあり、天城高原ゴルフ場より万二郎岳、万三郎岳と至り、シャクナゲコースで下山する楽チンコースを予定しています。
登山口よりゴルフ場脇を抜け、ちょっと歩くとすぐ”四辻”にでます。

07:54四辻

四辻

ここから”万二郎岳”へ至る道はズーッと樹林帯の中を歩くことになり、眺望は利かず、変化に乏しく暫く辛抱の登りとなる。
DSCF2330.jpg

08:33万二郎岳山頂

万二郎岳山頂

「万一郎はどこにいった?」という気がしないでもないですが、取りあえず最初のピーク「万二郎」に到着。
山頂周辺は写真のように樹林に覆われています。

万三郎岳(「万二郎岳」山頂より)
万三郎岳

しかし!!
この山の魅力はピークに在らず。
「天城峠」~「万二郎岳」間のマッタリした縦走路にあります。
「万二郎岳」への登りのルートとは異なり、その道はコツコツと小ピークを繰り返しますが、その上下の際登山者に眺望を与えてくれます。

万三郎岳
万三郎岳

相模湾
相模湾

馬の背
馬の背

”馬の背”とありますがその”背”は小さいです。

アセビのトンネル
アセビのトンネル

天城高原ゴルフ場
天城高原ゴルフ場

石楠立
石楠立

この稜線のマッタリっぷりはこんな感じです。
DSCF2354.jpg

09:25万三郎岳山頂

万三郎岳山頂

時計の気温計で8.4℃。

この縦走路の最高峰である「万三郎岳」。
その山頂も基本、樹林に覆われておりますが富士山を望める方面(北面)のみ開けています。

しかし、本日の眺望はこのとおり。
DSCF2357.jpg

晴れてはおりますが、あちら方面は天気が良くないのか?霞んでおりあいにく富士山を拝むことはできませんでした。
これより下山で使う”シャクナゲコース”の入口は山頂より「天城峠」側へ少々下ったところにある。

万三郎下分岐
万三郎下分岐

ここから「涸沢分岐点」までは暫し急傾斜が続き、途中、木段はガタピシで意外に体力が奪われる。

10:27涸沢分岐点

涸沢分岐点

急傾斜の尾根道が終了すると、続きは尾根を大きく迂回するトラバース状に続く道。

その道は涸れ沢を数本またぎ、ガレた個所が続きます。
DSCF2375.jpg

11:30四辻

四辻

11:46天城高原ゴルフ場駐車場

天城高原駐車場

無事、帰還。
時計の気温計で11.1℃。

今回歩いたこのコース。
登山道の整備っぷりは万全です。

それを象徴するのがこの”道標”。
DSCF2349.jpg

地図まで表示され、現在位置の記載がある。
まるでデパート内の案内看板を見ているようです。
これ式の道標が天城山縦走路上の各ポイントに建っており道迷いの不安は皆無です。
シャクナゲコースについても同様の手厚さでした。
しかし、道の整備は縦走路に比べれば荒れており、ガレ場が続く個所もあるので岩が濡れている時には注意が必要です。
特に今回は我が息子連れということもあり、シャクナゲコースのガタピシの木段やガレ場は子供の短い脚では少々持て余していました。

「天城山」は、時間に余裕があれば「天城峠」まで縦走したい山ですね~。

10年前の八丁池
八丁池

上の写真は10年前に撮影したものですが、山中に突如として現れるこの”池”。
当時はなかなか感動させられたものです。
今回は天候にも恵まれ、私としては気分よく山行を締めくくることができましたが、山に次いで感動したのがこの景色。

景色①
DSCF2318.jpg

景色②
DSCF2320.jpg

これらは行きがけに伊豆スカイライン上から撮影したものです。
中年になって以降、この道路を通行するのは初でした。
若き頃、何度かこの道路を使ったことがありますが、これほどロケーションの良い道路との記憶が全く無く、以前に通った時は何処を見て車を走らせていたやら。
あまりの眺望の良さに思わずシャッターを切った次第です。

本日は、道の駅 伊東マリンタウン「シーサイドスパ」にて入湯し帰宅。

日本百名山「天城山」(天城高原ゴルフ場より万二郎岳・万三郎岳周回)」 に2件のコメント


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    天城山・・・百名山ですよねー
    お邪魔したいのは山々(笑)ですが
    伊豆半島ですから、日帰りはシンドイのでまた
    2日間にまたがりゆっくりおじゃましやす^^


  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山行蔵さん >
    こんばんわ~。
    伊豆の百名山なので、是非、温泉と海の幸を絡めてチャレンジしてみてください。
    標高は1400mほどと低いですが、春先は積雪あるみたいなので要注意!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください