丹沢「鍋割山」(ボッカトレ)

山行記録

◎2013.5.1(Wed)天気:曇り時々晴れ 気温:10.6~16.6℃

◎コース:06:54県民の森駐車場-07:12二俣-08:07後沢乗越-09:26鍋割山山頂09:47-10:15後沢乗越-10:49二俣-11:05県民の森駐車場(行動時間:4時間11分)

◎標高差:約825m

先日、イッテQを見ているとイモト強化メンバーに「中島ケンロウ」さんが参加していた。
画面に写るケンロウさんは、概ね100L位のザックを背負い、その重量”40kg”と爽やかに返答していた。

いや~、カッコいい!

私もそのように、爽やかな顔で「40kgっす」と言ってみたいものだ。
そんなことで今回は、天気が良くないのでこれを幸いとするべく、ボッカトレーニングを兼ね、近場の丹沢「鍋割山」へ行くことにする。

いつもの「県民の森」駐車場到着は06:33。
県民の森駐車場

時計の気温計で16.6℃。

ぼちぼち準備して出発。

06:54県民の森駐車場

2590-3

今日はゴールデンウィークの中日だ。
”駐車場は混むだろう…”と予感した私は早めに到着しましたが、駐車場はガラ空き。
本日は天気が良くない。
それが影響したのかもしれない。
朝起きたら、横浜では雨が降っていた。

しかし、その雨は駐車場に至る途中で止み、山はガスで煙っている。
2590-4

07:12二俣

二俣

で、いつものペットボトル置場に到着。
2590-6

ちょうど、草野さんが荷物を降ろしているところだ。
草野さんに声をかけ、ペットボトルをザックに積める。
すると、草野さんが、「まとめて持って行ってくれるなら、これ持ってもらってもいいですか?」と500mlのボトルが何本か入ったビニール袋を手に持っている。

既にザックに2Lのペットボトル7本入れてある。
草野さんが手に持っている500mlのペットボトルは膨大な量だ。
”今日は何本背負った”と自己満足に浸りたかった私は、これでは何リッター背負ったか?判らなくなってしまう。
しかし、頼まれたからには”断る”という男気のないことはできない。
むしろ、積極的に”他に背負うものないっすか?”と尋ね、500mlのペットボトルが更に追加される。

結果、本日のザックはこのようになりました。
DSC_0025

本日持参のザックは”モンベル「バランスライト40」”で、その容量40L。
吹き流し部分までパンパンになるまで詰める。

しかし、草野さんの姿を見ちゃうとなにも言えませんよね~…。
2590-8

画像は草野さんが自ら背負う荷物を梱包しているところ。
本日も60kgだそうです。

草野さんをペットボトル置場に残し、ヨロヨロと山頂へ向けて出発。
途中、写真を撮る余裕なし。

08:07後沢乗越

後沢乗越

途中、写真を撮る余裕なし…。

09:26鍋割山山頂09:47

鍋割山山頂

時計の気温計で10.6℃。
画像の如く、山頂はガスで埋められている。

まずは小屋前にお供え。
2590-11

何本背負ったか?不明だった500mlのペットボトルは合計21本で、約10kg。
2Lのペットボトルは7本なので、14kgと言いたいところですが、各ペットボトルは気持潰れているので、12~13kgといったところか?

いや~…。

ケンロウさんのように”爽やか!”というわけには当然いかない。
全身汗みどろになって、ようやく山頂到着といった状況でした。
汗で濡れ過ぎて、この天気の中ではちょ~寒い!
そんなことで暫し、山頂でうな垂れていましたが、ここで長居をしても鍋焼きうどんは食べれず、景色も堪能できない。

ぼちぼち、下山開始。
2590-12

10:15後沢乗越

後沢乗越

ここまで降り、ようやくガスの中を抜け、晴間が覗く。
2590-14

さらに一瞬ですが、輝くばかりの景色となる。
2590-15

天気がよくなかったこともあり、”無理に山を登っても…”という気持ちが無いでもなかった。
しかし、この景色に救われた。
やっぱり来てよかった!
後はノンビリ緩い坂を降る。

10:49二俣

二俣

11:05県民の森駐車場

県民の森駐車場

無事、帰還。

気温は確認し忘れました。

私が”爽やか!”な男になれる日はまだ遠いです…。

本日は寄り道せず帰宅。

丹沢「鍋割山」(ボッカトレ)」 に1件のコメント


  1. 返信あリガとうございます。私もWordPress 3.5.1を使っているのですが(他のHPで)プラグイン”WP GPX Maps”があるとは築きませんでした。
    ありがとうございます。早々調べさせていただきます。
    またチョクチョクお邪魔致します。では・・・・

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください