八ヶ岳「北横岳」(ピラタス山頂駅よりピストン)

山行記録

◎2011.12.30(Fri) 天気:晴れ 気温::-7.9~-2.5℃

◎コース:11:09ピラタス山頂駅-11:58北横岳ヒュッテ12:49-13:12北横岳山頂-13:26北横岳ヒュッテ-14:04ピラタス山頂駅(行動時間:2時間55分)

◎標高差:247m

本年の登山は「山と渓谷」2011.12号で雪山入門編として特集されていた北八ヶ岳山塊「北横岳」で納めることに。
この山にはロープウェイが付いており、機械が付いているなら”利用したい”というのが人情というもので、私もその例にもれず利用することにする。

ロープウェイの営業開始は09:00ということで、のんびり06:00横浜出発。
ところが・・・。
前日(2011.12.29)夜、茅野方面は降雪があった様子で諏訪ICで降りると路面や沿道駐車場に薄ら雪が付いている。
昨年の悪夢(蓼科山..撤収..)の記憶が未だ生々しい私は、超~慎重な運転+早々タイヤチェーン装着、と刻々と時間が過ぎて往く・・・。

結果、ピラタスロープウェイ山麓駅駐車場到着は10:07。
180-2.jpg

更に、準備+ロープウェイの乗車待ちで、ピラタスロープウェイ山頂駅到着は11:00。
実に・・・。
横浜を出発してから
5時間!!
も経過している。
当初の予定よりかなりの遅れをとってしまった私が次に気になるのはロープウェイの営業終了時刻。
確認すると16:00。

う~ん。

やはり当初予定の山行コースも時間ギリギリで行けるかどうか?

今回同行は久々参加の副部長+雪山初体験のN氏。
時計の気温計で-3.8℃。
ぼちぼち準備して出発。

11:09ピラタス山頂駅

180-3.jpg

そんなことでようやくスタート。
今回の予定山行ルートは
北横岳 → 雨池山 → 縞枯山 → 茶臼山
というものでしたが、この時間では既に難しい。
北横岳 → 雨池山
が行ければマズマズというところです。

何はともあれ、北横岳へと向う。
180-4.jpg

縞枯山
180-5.jpg

で、あっという間に北横岳ヒュッテに到着。

11:58北横岳ヒュッテ12:49

北横岳ヒュッテ

ここで12時。
ろくに歩いていませんが、ここで昼食を早々摂り、せめて雨池山を経由して下山できるよう準備を整える。
で、さっそくガスストーブを取り出し湯を沸かそうとすると・・・。
これがなかなか沸かない。
完全にドロップダウン(パワーダウン)。
人数が3人分なのと雪を溶かしたので1L強沸かすのに約30分位要したと思います。
湯を沸かす!!
それ一点のみに神経を集中していた為、気温は計測していませんが恐らく-5~-6℃位。
できることといけば手でガスカートリッジを握り多少でもカートリッジの温度を上げる位。
手で温める作戦は多少効果があり、気持ちバーナーが元気になる。
ようやく飯を喰うことができましたが、更に時間が経過してしまいました。
あっという間に飯を平らげ、山頂に向けて即出発。

なお、ピラタスロープウェイ山頂駅~北横岳山頂直下間は時折下界を見渡すことができるものの全般樹林帯の中を進むことになります。
180-7.jpg

13:12北横岳山頂

まずは”南峰”。
北横岳南峰

南峰より眺望(八ヶ岳方面)
180-9.jpg

南峰より眺望(中央アルプス方面)
180-10.jpg

南峰より眺望(秩父方面)
180-11.jpg

続いて”北峰”。
北横岳(北峰)

北峰より眺望(蓼科山)
180-13.jpg

時計の気温計で-7.9℃。
風が強く、また吹きっ晒しであることもあり、かなり寒い。
グローブを外し素手になると2~3分位でジンジンと痛くなる。
しかし、
この絶景!
この青黒い空!!
この一面の雪景色!!!
ルートのお手軽さから考えるとかなりのお得感に浸ることができます。

と、暫し絶景を堪能しておりましたが、ノンビリしていてイイのか?
風が強いこともありぼちぼち下山開始。

13:26北横岳ヒュッテ

北横岳ヒュッテ

“雨池山”への分岐はヒュッテより少々降ったところにある。
180-15.jpg

しかし、その道標には”軽装では入るな”との文言が刻まれている。
往く手に見える”三ッ岳”は小ピークながら岩峰が連なっている。
私を含めたメンバー全員、足に装着しているのはモンベル「チェーンスパイク」。
現在時刻は13:38分で、雨池山を経由した場合のコースタイムは約2時間半で際どく16:00を過ぎる。
こんなところで無理するわけにもいかず、雨池山は諦め素直にピストンで下山することにする。

坪庭全貌
坪庭

14:04ピラタス山頂駅

ピラタスロープウェイ山頂駅

無事、帰還。
時計の気温計で-2.5℃。

今回は計画ミスもありかなり山行時間の短縮を余儀なくさせられました。
まあ、ロープウェイの時間など気にせずいつもの如く歩いて降ってもよかったのですが、陽が沈むと再度路面凍結の心配がでてくることもあり、無理せず下山した次第です。
山行計画としては不甲斐ないものとして幕を閉じましたが、今回歩いたこのルート。
雪山絶景お手軽コースとしては100点満点です。

  • 標高差:247m
  • 行動時間:実質2時間
  • 行動距離:4kmほど
  • 登山者が多くトレースがしっかりしている。
  • ルートが1本道で道迷いの不安がほとんど無い。

といったところでしょうか?

北横岳山頂は”南峰””北峰”と2つピークがあります。
標高が高いのは”北峰”ですが、眺望っぷりが良いのは”南峰”。
”北峰”は若干、眺望を遮る樹林があります。

アイゼンについて。
私達メンバーはモンベル「チェーンスパイク」を使用していました。
私的にはこれで充分と感想を持ちましたが、ルート中に急傾斜が数カ所あります。
時期が変わって、この急傾斜がアイスパーンになったら・・・。
やはりモンベル「チェーンスパイク」では役不足で12本爪の出番かと思います。
なお、登山者の足元をツラツラと観察しながら歩いていましたが、
全員!!
12爪アイゼンを装着していました。

今回の山行は”装備”の点で考えさせられることが幾つかありました。
ストーブ・アイゼン。
これ等について”雪山仕様”を整えるということは私にとって一線越えた世界に踏み込むことになるのですが・・・。
一線越えようか?現在思案中です。

本日はオーベルジュ「つつじとかえで」にて入湯し帰宅。

八ヶ岳「北横岳」(ピラタス山頂駅よりピストン)」 に2件のコメント


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    中々の白銀の世界ですね~~
    山行したいのは山々なんですが
    色々とあって、ご無沙汰しています。
    来年早々に娘の結婚式とか有り
    ごたごたしています。
    今年一年ありがとうございました。
    そしてお疲れ様でした。
    来年も宜しくお願い致します。


  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山行蔵さん >
    あけましておめでとうございます。
    山は行ける時に行けば宜しいんじゃないでしょうか?
    本年も宜しくお願いいたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください