丹沢「檜洞丸」(犬越路経由つつじ新道周回)

山行記録

◎2011.11.30(Wed) 天気:晴れ 気温:8.7℃~20.0℃

◎コース:07:03西丹沢自然教室-07:26用木沢出合-08:32犬越路-10:10ヤタ尾根分岐-10:43檜洞丸11:08-11:21ツツジ新道分岐-11:53展望園地-12:32ゴーラ沢出合-13:20西丹沢自然教室(行動時間:6時間17分)

◎標高差:1061m

いや~!!
私の定休である水曜日の晴れが続きます。

”晴れならやっぱり山でしょ”ということで、今週も来ちゃいました、西丹沢。
西丹沢

これで11月は山皆勤賞。

現地到着は06:41。
時計の気温計で8.7℃。
ぼちぼち準備して出発。

07:03西丹沢自然教室

西丹沢自然教室

今回の目標は西丹沢の雄”檜洞丸”。
西丹沢最高峰です。
予定のルートは犬越路より山頂へ至り、ツツジ新道で下山するルートです。

この”檜洞丸”。
登山ブランク後、初めて訪れることになります。
個人的にこの山にはちょっとしたトラウマがありなかなか足が向かなかったのですがどうなることか?

まずは”用木沢出合”に向うべくアスファルト道を黙々と歩く。
DSCF2392.jpg

07:26用木沢出合

用木沢出合

用木沢出合を過ぎるとまず度肝を抜かされるのはこの建造物。
DSCF2395.jpg

スチール製の”橋”です。
これだけ巨大なやつはそうそう無い。

用木沢
用木沢

08:32犬越路

犬越路

ここから檜洞丸に向うには進路を右へと変える。

出だしは”熊笹”。
DSCF2401.jpg

なお、先に犬越路~檜洞丸間のルートの感想について。

眺望は良いです。
DSCF2412.jpg

本日は晴れていたこともあり、ずっと右手に富士山を見据えていました。
コース状況については、西丹沢で登山道に指定されている”稜線”上は、マッタリしたところが多いのですが、上記区間はまったくマッタリしておりません。
小ピークが目の前に立ちはだかり、それらのピークに立っても”檜洞丸”を目視できず、小ピークに立つ度に”次のピークこそ檜洞丸?”と、自ずと期待が高まり、ペースオーバになりがちになる。
”小ピーク”に立つ度に何度も裏切られ、檜洞丸山頂に到着する頃にはヘロヘロとなっている。

最初のピーク「小笄」。
小笄

その後、ちょろちょろヤセ尾根、クサリが続き・・・

急斜面のこいつに挑みます。

これを登り切れば”大笄”のピークかと思いつつ登ってみると・・・

ピークはまだ先。
大笄

大笄ピークの手前にて(富士山&御正体山)
DSCF2433.jpg

やっと”大笄”のピークに着いた・・・。
大笄

そろそろ”檜”じゃないかな~。
熊笹ノ峰

10:10ヤタ尾根分岐

ヤタ尾根分岐

熊笹ノ峰
熊笹ノ峰

また一つピークを上り詰め、その先に見えるのは・・・。

ようやく核心、”檜洞丸”。
檜洞丸

しかし、トドメを刺すように・・・。
大~きく
登り返します。

10:43檜洞丸11:08

檜洞丸山頂

時計の気温計で16.2℃。
危うくこの果てしなく繰り返す小ピークのウネリに飲み込まれるところでした。

山頂は写真のとおりだだっ広く、テーブルは多いです。
しかし、他の西丹沢のピークと同様、山頂は樹林に覆われており眺望はあまりききません。

塔ノ岳
DSCF2450.jpg

青ヶ岳山荘
青ヶ岳山荘

青ヶ岳山荘ではフトンを干していました。
確か・・・。
年中無休(小屋番は土日のみ?)で、小屋番の方が居なくても開けっ放しと記憶しています。
トイレはバイオトイレで清潔です(有料)。

飯も食ったし、ぼちぼち下山開始。
DSCF2453.jpg

11:21ツツジ新道分岐

ツツジ新道分岐

出だしは急傾斜。
DSCF2456.jpg

・・・といいますか、この傾斜は基本”ゴーラ沢”につくまで続く。
DSCF2458.jpg

また、樹林に覆われ眺望は期待できない。

11:53展望園地

展望園地

この下山路中、唯一眺望を望めるスポットがココ。

で、眺望。
DSCF2462.jpg

富士山側が開けている。
だいぶ空が霞んできた為、写真ではイマイチ。

12:32ゴーラ沢出合

ゴーラ沢出合

やっと沢まで降りてきた。
それにしても今日はなんせ暑い!!

この沢水でジャブジャブ顔を洗う。
DSCF2468.jpg

いや~、生き返る!

ゴーラ沢
ゴーラ沢

ここから先はマッタリ沢沿いの道が続く。
DSCF2476.jpg

東沢
東沢

13:20西丹沢自然教室

西丹沢自然教室

無事、帰還。
時計の気温計で20.0℃。

今回歩いたこのルート。
上でクドクド書いたように犬越路~檜洞丸間は険しいです。
最短コースはツツジ新道コースのピストンですが、この尾根の登りは急登で眺望も利かず辛抱の登りとなります。
ま、いずれのルートでも代償は付いてまわります。

また、掲載の写真でお気づきの方も多いかと思いますが、未だ紅葉が残っています。
DSCF2485.jpg

でも、さすがに標高の低いところしか残っておらず、山中で紅葉を楽しむならそろそろラストかな?という感じです。

本日は寄り道せず帰宅。

丹沢「檜洞丸」(犬越路経由つつじ新道周回)」 に6件のコメント


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様です。
    私も近々檜洞丸を狙っていて参考にさせていただきました。結構大変そうですね。登っている時はそれどこでは有りませんがあとで思い出すとそれも楽しいもんですね。!何処かでお会いをしたらよろしくお願い致します。


  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ajimat75さん >
    コメントいただきありがとうございます。
    こちらこそ、何時山で遭難するか?解りませんので、その時助けていただけますようお願い申し上げます。
    ajimat75さんのご指摘との通り、登っている最中は私も無我夢中です。
    登山口へのアプローチまでは、朝からなにやらモヤモヤ考えておりますが急登に差し掛かるや否や、雑念は全て吹っ飛び、”早くこの坂終わらないかな~”と、そればかり考えています。
    私の記事が多少でもajimat75さんの参考になれば幸いです。


  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山皆勤賞 おめでとうございます。
    うらやましいです~
    なんか今年は暑いですよね。
    私も11月なのに汗だくでした。
    紅葉も残っていて良い山行になりましたね!


  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ラッセルさん >
    受賞できたのもラッセルさんとは異なり”ヒマ”の賜物です。
    ま~、あんまり嬉しくもないのですが・・・。
    早く景気良くなんないかな~~。


  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最後の1枚の写真がいいですね~~。
    青い空と紅葉・・・
    ナイスです。
    お疲れ様でした^^


  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山行蔵さん >
    お褒めのお言葉ありがとうございます。
    どうも”晴れ”が続くと行っちゃうんですよね~、山へ。
    でも、さすがに年の瀬を迎えるので、12月は皆勤賞難しそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください